消費者金融だとどこも借りれないときの最終手段

今すぐ現金が必要なのに消費者金融では、総量規制に引っかかって、どこも相手にされず借りることができないと困っていませんか?

クレカでどうにか現金集めてみようとか考えてもみても、うまくいきそうにもありません。

それなら、そんなあなたでも即日融資可能なところを探したほうが早いですよ。


現金が必要なのは今!そんなときは即日融資可能じゃないと困る

会社のボーナスをあてにした借金を抱えていたが、会社の業績不振でボーナスが支給されず、思いもよらない借金生活が始まりました。

具体的には、

  • 車のボーナス返済が10万円必要だったのが全く足りなかった
  • クレジットカードのボーナス払いが支払えない状態
  • 自分の借金を返済するために借金をするといった自転車操業

どうあがいてもお金が足りず、腹をくくって借金をするしかないといった半分諦め、半分悔しい気分でした。

ここで借金しても返せる見込みがあっての借金であればいいのですが、日々の生活で全く余裕がなく、正直生活を切り詰めても返済できる見込みがなかったので怖かったです。

でも、嫁、子供の事を考えるととにかく踏ん張るしかないという思いもありました。

あとはボーナスさえ予定通り支給されていればこういったことにはならなかったと思うと、業績不振の原因を作っているダメ上司、ダメ社長には腹が立って仕方がなかったです。

借金するのは気が引ける。でも実際に借金してみたら・・・

問題を先送りにしただけの事であって、これからの生活を切り詰めていかなければならないという思いは強く持ちました。

今までであればちょっとした移動でもタクシーに乗ることや、疲れていて家事をするのが億劫な時などの外食を徐々に減らすようになりました。

嫁と共に節約を心がけるようになりました。心苦しいこともありますが、子供にも今までであれば買ってあげたおもちゃなどを我慢させるようにもしました。

借金はすることにはなったのですが、それでも、月々の返済、ボーナス返済が無事にできたことによる安堵感はありました

いつも通りの生活に戻れたような気がしました。

もし、あのとき借金をする決断ができていなかったら

返済ができなかったことによって催促の連絡がしつこく来ていたと思います。

自分だけでなく自宅の電話にも連絡が入り、嫁さんにも余計な不安を与えることになったと思います。

会社にも連絡が来て、周りの社員からも変な目で見られるようになっていたとも思います。

最終的には精神的に追い詰められサラ金などに手を出して泥沼にはまってしまっていたかもしれません。

そこまでいけば家庭も崩壊して、マイホームも車も手放すことになっていたことでしょう。

借金があっても気持ちはポジティブに

借金をすることに抵抗はありましたが、借金をしなければ自分の信用情報にも傷がつくことになったと思いますので、それよりはいいかと自分に言い聞かせて乗り切りました。

あとは仕事をひたすら頑張って稼げばいいとがむしゃらに働きました。

疲れた時は子供の寝顔を見て自分を奮い立たせるようにしました。

気持ち的には悩んでも仕方がないので半分開き直りポジティブに考えるようにしました。それでも思い詰めてしまう時は気の合う友人たちと会って気を紛らわせるようにしました。

手元にお金がないことで何かを失ってしまうかもしれない不安が解消

手元にお金がなく困っていた時は気持ちに余裕がなく、人と接する時もきつく当たってしまうこともあったと思いますが、どうにもならないといった不安感から逃れることができたことは精神的には落ち着くことができ、家族や友人、仕事の仲間たちとの付き合い方も優しく接することができるようになったと思います。

借金をすることは抵抗があって当然です。

しかし、抵抗があるということは普通の事ですので、借金をしてその時の困難を乗り越えることができるようであれば、変に悩んだり、逃げたりせずに、変ないい方ですが堂々と借金をしていいと思います。

一番怖いことはその場から逃げて、今まで築き上げてきた大切なものを失うことだと思います。

失ってしまったものは取り戻すことはできません。

しかし、借金は返済ができます。時間はかかるかもしれませんが、必ず普段通りの生活に戻れると思います。

強い気持ちを持ち続けて前向きに頑張っていきましょう。

借金があっても必ずゴールは見える!

あまり重く考えすぎずに、無理なくコツコツを返済していくように心がけています。

時間はかかるかもしれませんが、無理をしては精神的に余裕がもてませんので、焦らず、前向きに行きたいと思っています。

例えで言えばマラソンみたいなもので、頑張って毎月返済し続ければ着実にゴールに近づきますし、無理してペースを速めては途中でリタイヤしてしまうと思います。

ペース配分を見間違えないように計画的に返済していくことがモチベーションを維持する方法かと思います。

このページの先頭へ